「国内旅行WEB」ホテルや旅館の宿情報や温泉、ツアー、子連れ、ペット連れの旅情報
国内旅行を楽しもう!国内旅行WEB
国内旅行WEB トップ
上手な宿の選び方
温泉いろいろ
成功する子連れ旅行
子どもの年齢別チェックポイント
ツアーを利用する
愛犬と楽しむ旅行:
旅行までの準備
愛犬と楽しむ旅行:
持ち物チェックリスト
愛犬と楽しむ旅行:
車で移動するときは
愛犬と楽しむ旅行:
宿泊のマナー
愛犬と楽しむ旅行:
快適グッズ
国内旅行WEBトップ上手な宿の選び方

上手な宿の選び方

宿選びのポイント
旅行は楽しむためには、宿選びにこだわることも重要なポイントです。宿選びのチャックポイントをご紹介します。

宿を選ぶ前のチェックポイント
平日やシーズンオフがお得
土曜や祝日前日、シーズン中の宿泊は、通常料金ですが、平日やシーズンオフには安くなる場合があります。安く旅行がしたいなら、平日やシーズンオフがお得です。
旅行会社と直接契約どっちがお得?
大型のホテルや旅館などは、旅行会社と契約し、安く提供している場合がありますので、旅行会社の方が安い場合があります。しかし、宿によっては、あまり差が無い場合もあります。
パンフレットの写真で決める
宿のパンフレットの写真の見栄えが良いところを選んで、実際行ってみると、写真とは全然違うことも。写真を鵜呑みにしていくとがっかりすることもあります。見た目よりも、サービスの内容を重視して選んだほうが良いでしょう。
お部屋の定員数
和室は人数によって1人当りの料金が変わります。当然、詰め込めば詰め込むほど安くなります。定員数ぎりぎりで宿泊すれば、狭いけどお得です。
サービス料
サービス料とは、チップのこと。すでに通常宿泊料の中に含まれていますので必要ありません。
税金
宿泊料金やサービス料には消費税が5%、このほか温泉を利用する際には入浴税が大人150円で子どもはその半額かかります。表示が税別の時もあるので注意しましょう。
子ども料金
乳幼児は基本的に布団なしで無料ですが、3千円前後の施設使用料を取る宿もあります。幼稚園から低学年まではお子様ランチ程度の食事と布団がついて大人の半額です。大人料理から数品抜いた程度の高学年用の食事の場合は大人の70%で、中学生以上は大人料金になります。
宿泊料金と部屋や食事のランク
旅行代金の高い、安いという基準は、お部屋のタイプや食事のランク、旅行する日程により大きく変わります。平日やシーズンオフには割引になり、部屋のタイプも景色が悪い部屋だと安くなります。食事のランクにも同じことが言えます。宿泊費が安い時、部屋や食事はどのレベルなのかを、必ず確かめましょう。


予約した後のチェックポイント
予約時に伝えておくこと
予約の時にはできるだけ多くの情報を伝えておきましょう。多くの情報を与えておくことにより、お互いの理解が深まり、より居心地の良い滞在になるでしょう。
予約する時間
予約をする時は、宿があまり忙しくないときが良いでしょう。宿が忙しい時間は、朝のチェックアウトや夕方のチェックインの時間帯です。その時間を外した時間、11時から15時くらいの間がよいでしょう。
キャンセル料
キャンセル料金が発生する日にちは宿ごとに違いますが、平均して宿泊10日前から3日前以後のキャンセルにかかってきます。しかし、人数が若干減るくらいのキャンセルや、天災など、やむを得ない事情の場合は相談してみましょう。ただし、料理の材料の仕入れが関わってくるのでキャンセルの場合はできるだけ早めに連絡しましょう。
到着が遅れる時
到着が予定より遅れるときは早めに連絡しましょう。何時に着くかはっきりさせておかないと、宿に迷惑をかけることになります。連絡もなしに20時を過ぎて料理人が帰ってしまっても文句は言えません。必ず連絡は入れておきましょう。
チップ
サービス料として払っているので一切心配ありません。ただし、気持ちよく滞在できた感謝を伝えたいと思うのなら、サービスをしてもらった後にそっと渡しましょう。
部屋食とレストラン
部屋食は、気兼ねなくゆっくり食べれるので良いようですが、実際はレストランで食べたほうが調理場の近くなので『温かいものは温かく、冷たいものは冷たく』食べることができます。さらに、部屋の食事は運ぶ人の人件費がかかるので、全体的に宿泊費も高くなります。

宿に着いた時のチェックポイント
到着時の原則
非常口の確認だけはしっかりしておきましょう。
お風呂に入る時
タオルを湯船につけない、体は洗ってから入る、髪の毛は湯船につけないなど、マナーはきちんと守りましょう。お酒が入っている場合に、いきなり湯船に入ると体に負担がかかります。まずは足先からあたためながら入りましょう。
露天風呂
露天風呂はその名の通り天井がありません。雨が降ったり、葉っぱが浮かんだり、時には虫が入っていたりします。あまり神経質にならず、そこが良いところと理解して入りましょう。
湯の華
湯の中に粒のようなものが入っていることがありますが、これは湯の華といって温泉の成分です。これを取るためにわざわざ循環ろ過機を導入している温泉もあります。少々色々なものが浮いていても、濾過しない方が温泉成分が高いと思って気にしないようにしましょう。
アメニティ
宿にはわざわざ大荷物で旅をしなくても良いように、バスタオル、浴衣、手ぬぐい、歯ブラシ、ひげそり、化粧品、スリッパ、ドライヤーなどが用意されています。、手ぬぐい、歯ブラシ、ひげそりなどは持ち帰っても大丈夫ですが、それ以外は持ち帰らないようにしましょう。


-おすすめサイト-
ホテル予約旅館

国内旅行WEB トップ上手な宿の選び方温泉のいろいろ成功する子連れ旅行子どもの年齢別チェックポイント
ツアーを利用する愛犬と楽しむ旅行:旅行までの準備愛犬と楽しむ旅行:持ち物チェックリスト
愛犬と楽しむ旅行:車で移動するときは愛犬と楽しむ旅行:宿泊のマナー愛犬と楽しむ旅行:快適グッズ

サイトマッププライバシーポリシー

国内旅行WEB www.kokunai-ryoko.net
(c)Copyright Pencil Co.,Ltd. All right reserved.