「国内旅行WEB」ホテルや旅館の宿情報や温泉、ツアー、子連れ、ペット連れの旅情報
国内旅行を楽しもう!国内旅行WEB
国内旅行WEB トップ
上手な宿の選び方
温泉いろいろ
成功する子連れ旅行
子どもの年齢別チェックポイント
ツアーを利用する
愛犬と楽しむ旅行:
旅行までの準備
愛犬と楽しむ旅行:
持ち物チェックリスト
愛犬と楽しむ旅行:
車で移動するときは
愛犬と楽しむ旅行:
宿泊のマナー
愛犬と楽しむ旅行:
快適グッズ
国内旅行WEBトップ愛犬と楽しむ旅行:宿泊のマナー

愛犬と楽しむ旅行:宿泊のマナー

宿泊時のマナー
同じ宿泊施設に泊まる方にも迷惑をかけないように、宿泊時のマナーについてご紹介します。

入る前にはブラッシング
まず、出発前に念入りにブラッシング、そして宿に到着して車を降りたら、玄関に入る前に屋外でブラッシング。汚れを落として、抜け毛を少しでも予防しましょう。毛が抜けやすい犬の場合は、洋服を一枚着せてあげましょう。中型犬以上であれば、人間用のTシャツでもOKです。何枚か用意しておけば、汚れてしまったときにも重宝します。

玄関ではしっかり足を拭きましょう
汚れた足のままで入らないようにしましょう。家にあげるときと同じように、きれいに足を拭いてから宿にあがるのが常識です。気持ちよく滞在するためにも、マナーはきちんと守りましょう。

人間用のソファーやベットには乗せない
客室に入り、人の目がなくなるとついつい気がゆるんでしまいマナーを忘れてしまいがちです。忘れていけないのは、宿はあくまでも他人の家、自分の家ではありません。ベッドやソファに乗せるのは絶対にやめましょう。客室に入ってすぐに、いつも使っているマットやシートを設置して、まずは犬の居場所を作ってあげましょう。ケージに慣れているなら、ケージを忘れずに持参しましょう。気をつけていても、ソファーやベットに乗ってしまう恐れがある場合は、持参したシーツなどであらかじめカバーしておきましょう。

客室のバスルームに入れないで
人間用のバスルームを、犬が使うのもマナー違反です。ちょっと汚れを落とすだけといっても、バスタブを使うのは絶対にやめましょう。

客室外は必ずリードをつける
宿内の共有スペースでは、必ずリードをつけましょう。普段はおとなしいくても、慣れない場所で知らない犬を見て興奮して、トラブルを起こしてしまうこともあります。特にチェックイン、チェックアウト時は、ほかの犬と顔をあわせることが多いので注意しましょう。

室内に置き去りにしない
慣れた自分の家でお留守番するのとは違い、慣れない所に置き去りにされると、犬はとても不安になります。置いて行かれたストレスから、部屋の備品を噛んだり破ったりしてしまうこともあります。どうしても連れていけない場合は、誰か一緒に残ってあげましょう。

食堂では足元に座らせる
宿によっては、食堂へ同伴しても良い場合があります。ただし連れて行けるのは、ケージに入れたままか、座らすか伏せをさせた状態で静かに足元で待つことが出来る犬のみです。他のお客さんに迷惑をかけてはいけません。連れて行けない場合は、交代で食事を取り、室内に犬だけ残さないようにしましょう。

食事中に、食べ物を与えない
食堂に同伴が可能でも、犬と一緒に食べる場所ではありません。食事中に人間の食事を与えたりするのはマナー違反なので絶対にやめましょう。ほかの犬はじっと我慢していることを忘れずに。人間が食べている間は我慢するというしつけを日頃から徹底しておきましょう。

抜け毛の掃除は細部まで徹底しましょう
帰る際には、念入りに掃除をしましょう。トイレなどの後始末はもちろん、忘れがちなのが室内に散っている抜け毛。ガムテープや抜け毛用ローラーなどできれいに取りましょう。犬の鼻が当たる位置に、鼻の跡がついていますので、気をつけて拭いておきましょう。自分では気がつかなくても、犬のにおいは部屋にこもっています。窓を開けて空気を入れ替えたり、消臭スプレーを噴霧しておくのは、最低限のエチケットです。

トイレの失敗や室内の備品の破損などは必ず申告しましょう
滞在中、トイレの失敗をしたり、備品を噛んでしまったりしたら、漏らさず宿の人に伝えましょう。


-おすすめサイト-
ホテル予約旅館

国内旅行WEB トップ上手な宿の選び方温泉のいろいろ成功する子連れ旅行子どもの年齢別チェックポイント
ツアーを利用する愛犬と楽しむ旅行:旅行までの準備愛犬と楽しむ旅行:持ち物チェックリスト
愛犬と楽しむ旅行:車で移動するときは愛犬と楽しむ旅行:宿泊のマナー愛犬と楽しむ旅行:快適グッズ

サイトマッププライバシーポリシー

国内旅行WEB www.kokunai-ryoko.net
(c)Copyright Pencil Co.,Ltd. All right reserved.