「国内旅行WEB」ホテルや旅館の宿情報や温泉、ツアー、子連れ、ペット連れの旅情報
国内旅行を楽しもう!国内旅行WEB
国内旅行WEB トップ
上手な宿の選び方
温泉いろいろ
成功する子連れ旅行
子どもの年齢別チェックポイント
ツアーを利用する
愛犬と楽しむ旅行:
旅行までの準備
愛犬と楽しむ旅行:
持ち物チェックリスト
愛犬と楽しむ旅行:
車で移動するときは
愛犬と楽しむ旅行:
宿泊のマナー
愛犬と楽しむ旅行:
快適グッズ
国内旅行WEBトップ愛犬と楽しむ旅行:車で移動するときは

愛犬と楽しむ旅行:車で移動するときは

車で移動するときのチェックポイント
犬を車に乗せて旅行に行く場合に注意点をご紹介します。

食事は3時間前に終わらせる
人間でも同じことが言えますが、胃の中に食べものが残っていると車酔いしやすくなります。長時間食事ができないからといって、いつもより多めに与えたりしないようにしましょう。少なめか、多くてもいつもの量までにします。水もいつも通りに与え、一気飲みさせないように注意しましょう。休憩のたびに少量ずつこまめに与えましょう。

車に乗る前には必ずトイレ
車に乗る前には、軽く散歩をさせてトイレを済ませておきましょう。いつまでたっても出ない場合は、そのまま出発してもかまいません。その代わり、早めに休憩をとってあげましょう。

犬は暑さに弱いので、車内の温度はいつもよりも低めに
車の中の温度調節には気をつけましょう。犬は人間よりも暑さに弱いので、いつもより少し低めに設定してあげましょう。ただし、いくら暑いのが苦手と言っても、冷風の直撃は絶対にやめましょう。逆に、後部座席に乗せている場合などは、そこだけ風が当たっていなかったり、直射日光が当たっているなんてこともあるので、温度計に頼らず、直接、犬の周りの室温をこまめに確かめましょう。

ドアや窓のロックは必ずしましょう
きちんと犬をゲージに入れるか、窓に近づけない位置に固定されている場合は、走行中もこまめに窓を開けて換気をしてあげましょう。そうでない場合は、飛び出し防止のためにも、窓の開けっ放しはやめましょう。犬が車内を動きまわっているうちに、パワーウインドウのレバーを押してしまうこともあります。ロックは必ずしましょう。

休憩は1時間〜2時間おきに
長時間車に揺られているのは車酔いしやすい犬に限らず、ドライブに慣れている犬でも体力を消耗します。こまめに休憩をとって、適度な水分補給と軽めの散歩をさせて気分転換をさせてあげましょう。このとき、車内の換気もしておきましょう。

車外に出る前に、必ずリードをつけましょう
ずっと狭いところに閉じ込められていた犬が、ドアを開けた拍子に喜んで飛び出してしまうなんてこともよくあります。これが高速道路のパーキングなら大変危険です。犬が事故にあうのも大変ですが、犬が原因でほかの車同士の事故を招いてしまったら、責任はもっと重大です。ドアを開ける前には、必ずリードをつけるという習慣は、日頃から徹底しておきましょう。

車内に置き去りにしないで
店内に連れて入れないからといって、犬を車内に置き去りにするのは絶対にやめましょう。たとえ少しの時間でも、停車中の車内はどんどん温度が上昇します。置いて行くときは、必ず誰かが一緒に残ってあげましょう。

公共の場では特にマナーに注意しましょう
ドライブインやサービスエリアの人ごみに犬を連れていくのは極力控えましょう。公共の場には犬嫌いの人やアレルギーで犬が苦手という人もいることを、忘れないで下さい。最近では、犬を自由に走らせることができるドッグランを併設しているドライブインもありますので、事前にチェックしておきましょう。

安全運転を心がけましょう
いくら慣れているからといっても、揺れが激しいと酔ってしまうこともあります。また、人間より体が軽いので、余計に揺れや振動の影響を受けます。安全運転を心がけましょう。


-おすすめサイト-
ホテル予約旅館

国内旅行WEB トップ上手な宿の選び方温泉のいろいろ成功する子連れ旅行子どもの年齢別チェックポイント
ツアーを利用する愛犬と楽しむ旅行:旅行までの準備愛犬と楽しむ旅行:持ち物チェックリスト
愛犬と楽しむ旅行:車で移動するときは愛犬と楽しむ旅行:宿泊のマナー愛犬と楽しむ旅行:快適グッズ

サイトマッププライバシーポリシー

国内旅行WEB www.kokunai-ryoko.net
(c)Copyright Pencil Co.,Ltd. All right reserved.